サクセスランニング®

2010.04.03
【レポート】 3月28日ランニングセミナー(山田智也さん追加しました!)

先日行ったランニングセミナー いつも楽しそうに走っている北村美枝さんと今回一念発起でマラソン大会にエントリーした山田智也さんから嬉しいご報告を頂きましたので、紹介させて頂きます。美枝さん、山田君ありがとうございます!以下、レポートです。

自分を追い込むための練習がしたくて、3月28日のランニングセミナー午前・午後の部とも参加させて頂きました。
 
午前の部のみんなで楽しみながらのエクササイズ。
『スキップ×2、ラン×3』と言いながらのスキップするのは、なんだかとっても気恥ずかしかったんですが、この"魔法の言葉"を発すると顔が笑顔になり気持ちも楽しくなりました。
私はレースのとき音楽を聴きながら走るんですが、後半苦しくなったとき楽しい気持ちになるように大好きな曲をわざと大きな声を出して唄いながら走るんですがこれと似ているのかな?
 
午後はこういう練習がしたくて参加したのですが、今迄ひとりではしたことがなかった内容だったので正直しんどかったです。スピード練習は口から心臓が出そうなくらいきつかったですが、自分の弱さと向き合うことが出来るとっても良いトレーニングになりました。
 
きむかつコーチの話を聞きながら、走っている時、自分が追い込まれたときいつも何も思っているのかを考えていました。マラソンにしろ仕事やプライベートにしろ自分がキツクなったときにいつも思う事・する事・言う事は同じでした、マラソンは人生の縮図だなんて知り合いが言ってましたがその通りですね。
 

限界を自分で決めてはいけない、良いイメージを持つ、高い目標を持つ等色んなことが学べました。
追い込まれた時に、そこからもうひと頑張り出来るように、少しだけ心が鍛えられたような気がします。
 
ヒトリでは出来ない練習でしたが、こうやって同じ時間・思いを共有する仲間と一緒だからこそ最後迄弱音を吐くことなく頑張れました。
マラソンは団体競技だなぁと感じました。
 
改めて、きむかつコーチ&もりたくさん、良い機会を作って頂いてありがとうございました、またこのような機会をお願いします。
この日一緒させて頂いたみなさん、本当にありがとうございました。
 
セミナーに参加したことだけに満足することなく、教えて頂いたことを実践し自分の目標に向かって頑張ります。
 
北村
 
 

yoshie2.jpg
 

yoshie1.JPG

 

 

 

 

 

 

続いて山田君からの感想
 です!

20代後半にさしかかり、初めて体が太っていくことを実感し、運動しないとなと思っていたころに、
ランニングセミナーと出会いました。
体の使い方が変わる、月曜日の仕事が楽しくなるという文言にひかれ大いに期待して参加。
セミナーの前日にランニングシューズを買いに行き、気合十分。
簡単な挨拶の後に始まった準備運動ですでに体が悲鳴を上げる。
普段使わない筋肉、関節を大いに使い、体が解放された感じ。準備運動でしっかり汗をかく。
走り始める前に体のいろいろな部分を動かし、その名の通り走る準備を行う。
早く走りたい気持ちであったが、走り出した後もまだまだ体を動かしながらのウォーミングアップ。
体を動かしながら、公園を一周。
 
その後、走り方のトレーニングに走る。
今まで何となく走っていた自分にとって新しいことばかり。
頭では理解できないものの、きむかつコーチに言われるがままに走り出すと・・・
体が軽い!すいすい前に体が出ていく感じ。
走れば走るほど気持ちいい心地になっていく。この走り方ならこのままどこまでも走っていけそうと錯覚させられる感じでした。
腕の振り方、筋肉の使い方も教えてもらい、十分すぎるほどの内容で今までの「走る」という感覚とは受ける前と受けた後では全く違ってました。
セミナー後はもっと走りたい!!と思わされました。
今後は自分で練習を積んで次は中級トレーニング、そしてトレランにも挑戦できるようになりたいです。セミナーを受けた夜、お酒を飲んでいたにもかかわらず、セミナーの復習をしたくなりふと走り出しましたが、心臓バクバク。いかにうまい走り方を身につけても、お酒飲んだ時はゆっくりしないといけないことを知りました(汗)。

yamada1.JPG

 

  

 

yamada2.JPG

パートナー