サクセスランニング®

運営者「もりたく」について

本名 森 拓哉(もり たくや)

昭和50年大阪生まれ、現在大阪茨木市在住。広島大学を卒業後に、外資系生命保険会社に入社して、東京→長崎→京都→大阪と転勤したのち、退職・独立しました。
現在は17年間のトライアスロン経験と、12年間の生命保険会社勤務の経験を生かして、「走って泳げるファイナンシャルプランナー」として活動しています。20歳の頃にトライアスロンを始め、15年以上の月日が経ちました。私自身のランニングの成績は、フルマラソン3時間30分程度、アイアンマンも上位4分の1に入る程度の、一般アスリートのレベルです。

走ることが好きで好きでたまらないかというと、実はそうでなかったりもします。ただ、走ることの効果は沢山経験してきました。自分の中の走ることの心地よい位置づけがあります。走らないと私生活、仕事が上手くいかなくなります。

好きで好きでたまらなくなる必要もないし、速く走る必要も全然ない、ただ、それぞれの人にとって一番ベストな走るポイントがあるという点は確信をもっています。

「あっ、これなら大丈夫」という瞬間に出会えることは、何とも絶妙です。

走ることを通して、今の自分から一歩前に進むことを応援しています。

森拓哉(もりたくや)

一競技者としての目標は、毎年ハワイで開催されるアイアンマンのワールドチャンピオンシップへの出場を果たすことです。

<ファイナンシャルプランナーとしての想い>

大学を卒業後、12年間外資系生命保険会社に勤務していました。

幸せな12年間で、FP資格は2007年に取得しました。お仕事柄もありますが、金融商品が好きで、保険、投資信託、FX、株式、外貨預金、海外口座、確定拠出年金等など、、色々なものを試してみました。社会保障も金融商品としての側面がありますね。

中にはイマイチの思いをしたものもあります。

どの金融商品についても言えることですが、「知らずに買う」とあまりいい結果になりません。目的をはっきりとさせ、そのために何をどのように使うかという事を選択して、決断するという当たり前のプロセスが必要です。

金融商品の中でも保険については、特別な想いがあります。保険が世の中に誕生するまでは、様々な試行錯誤がありました。制度を創ろうと思った方の努力、定着させようとした努力、広めようとした努力、保険はまさしく愛そのものです。歴史をひも解けばよく分かります。

東日本大震災でのボランティア経験を通じて、助け合うこと、絶望の中で希望が持つ力に触れて、生命保険の役割への理解を今でも深めています。

ただ、加入すれば良いのではなく、どんな意味を込めるのか?何を残したいのか?

「想いの部分」と「資金の効率」両面に焦点をあてて、一緒に考えながら提案させて頂いています。

答えは、私ではなくお客様一人一人の中にあります。

サクセスランニング 事務局: 住所:茨木市園田町6-1-2F 株式会社アイポス内

電話:072-634-3331 メール:infoアットマークsuccess-running.com

※「アットマーク」を@に入れ替えてメールお願いします。

 

 

最近の主な競技成績

2008年 佐渡トライアスロンAタイプ  11時間43分51秒(51位 完走635人)

2009年 アイアンマンジャパン五島長崎 11時間27分42秒(206位 完走826人)

2010年 トライアスロン korea Jeju (アイアンマンディスタンス) 10時間30分程 完走

2010年 おんたけウルトラトレイル100km 16時間35分06秒(219位 完走440人 出走561人)

※2010年の上記レースは、二週続けて(7/11&7/18)の耐久レース出場で、体力的チャレンジでした。

2011年 トライアスロン宮古島大会 10時間5分57秒 (194位 完走1213人)
2011年 佐渡トライアスロンAタイプ 11時間50分8秒(120位 完走700人)

 

 

 

パートナー